虚血性心疾患

 心臓は全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。そのポンプの働きが悪くなると全身に酸素や栄養が充分に回らなくなってしまいます。ここでは心筋を養う冠動脈の動脈硬化による狭心症や心筋梗塞などの説明と予防策などを示してあります。

 

☆狭心症

 狭心症とは、心臓の筋肉を養っている冠動脈の血流が一時的に低下したために心筋が酸素不足に陥ってしまい、胸痛や胸部圧迫感が生じた状態です。狭心症はまだ冠動脈に血液が流れていて心筋が壊死していない状態ですが、血液が流れなくなって心筋が壊死してしまう心筋梗塞の予備軍です。狭心症や心筋梗塞はあわせて虚血性心疾患といわれています。

 喫煙、糖尿病、脂質代謝異常、高血圧、高尿酸血症などが増悪因子ですが、このような状態が続いていると冠動脈に酸化LDLコレステロール(LDLコレステロールが酸化して悪い方へ性質を変えたもの)、中性脂肪、血小板、カルシウムなどが徐々に沈着してきて動脈の内腔が狭くなってきます。このように動脈が狭くなって血流が減ってしまう他に、攣縮性狭心症と言って、冠動脈の狭窄がなくても精神的ストレスで交感神経が緊張した時や喫煙をした時のニコチンの作用によって冠動脈が攣縮した時に起こる狭心症もあります。

 狭心症は左胸痛が主な症状ですが、背中が痛い、歯が痛い、上腹部が痛いなどの症状もあり、症状だけでは診断がつかないことが少なくありません。

 狭心症が疑われる時にはまず心電図の検査をします。狭心症では症状があるときは心電図に所見が見られますが、症状が治まると異常所見が消えてしまうこともあります。より詳しく見るために、心臓超音波(エコー)検査、心臓カテーテル検査なども行われます。エコー検査では心筋壁の運動低下などを見ます。心臓カテーテル検査は直接冠動脈を造影して狭窄血管部位を特定し、狭窄部の場所、程度などによって治療方法を選択します。医療技術が発達してきたため、造影剤を静脈注射してコンピューターで冠動脈を造影する冠動脈造影CT(MDCT)も行われるようになりました。造影剤を静脈注射して検査をしますが、心臓を鮮明なカラー立体動画で見ることができ、細い冠動脈の狭窄や閉塞、動脈瘤などが分ります。

 治療はアスピリンなどの抗血小板薬、ペルサンチンやシグマートなどの冠拡張薬や、高血圧治療薬のアンジオテンシンⅡ拮抗薬(ARB)、カルシウム拮抗薬などを用います。冠動脈の狭窄が高度な場合は、バルーン・ステント治療法を行うことがあります。この方法は、カテーテルを入れて狭くなっているところを直径2~3mmのバルーン(風船)で拡張します。さらに広げた部分が再び狭くならないよう、ステントという網目状の金属の管を留置します。ステントは身体にとって異物のため周りに血栓ができやすいので、血栓防止の薬剤を溶出するステントを使います。

 

☆心筋梗塞

 完全に冠動脈が閉塞してしまうと、心筋が壊死して心筋梗塞になってしまいます。発作後数時間以内にバルーン・ステント療法などで再灌流治療をすれば心筋が壊死をしないで済む可能性がありますが、その時機を逸してしまうと元に戻ることができません。心筋梗塞はとても我慢できないくらいの激しい胸痛が起こりますから、その場合はすぐに救急車を呼んで循環器専門病院へ運んでもらって下さい。

 病院到着後、直ちに血液検査、心電図、冠動脈造影などを行います。心筋梗塞で心筋が壊死すると、心筋から漏れ出して来る物質(酵素)が上昇します。CPK、AST(GOT)、白血球、CRPなどが上昇している場合は心筋がどの程度壊死したかを示す指標になります。心電図の所見がどの誘導に現れるかで心筋梗塞の部位と範囲が診断されます。

冠動脈の再潅流手術は体に侵襲が少ないバルーン・ステント療法を行いますが、カテーテル治療が困難と考える場合にバイパス手術を考慮します。この手術は開胸して狭窄部位の先に新たな血管を橋渡しさせるように縫いつけますが負担が大きい治療法です。狭窄部位をバイパスするため、バイパス手術といわれます。

 再灌流手術が終わったら24時間心電図を監視できるCCU(冠状動脈疾患管理室)に入院します。CCUは心室細動などのなど予期しない不整脈が起きた時にも即座に対応が出来るようになっています。

 

〇運動療法

 心肺機能を高めるためには、主治医と相談して運動量を決める必要があります。激し過ぎる運動をして心臓に負担を掛けるのは避ける必要があります。一般的には食休みを1~2時間取った後、息が弾むけれど隣の人と会話を楽しめる程度の早さで20~40分歩くことです。筋力が低下している人は、ラジオ体操やテレビ体操を参考にして毎日10分程度のストレッチ体操や筋肉トレーニングを併用すると効果的です。

〇食事療法

 狭心症、心筋梗塞などの予防・再発防止のためには冠動脈の動脈硬化の進行を防止することです。そのために、食べ過ぎに注意し、肉、魚、大豆製品、野菜などバランスが良い食事を心掛けましょう。動脈硬化が進行しないようにするHDLコレステロールを増やすには背中が青いサバ、アジ、イワシ、サンマなどがお勧めです。中性脂肪はアルコール、菓子、甘い飲み物、バター、油などに多いので摂り過ぎないようにしましょう。楽しく会話をしながら食事をすると免疫力を高めるキラーT細胞も増えてくるとされています。楽しい仲間とヘルシーな食事を楽しみましょう。