糖尿病

 糖尿病とは「インスリン作用が不足したために起こる慢性の高血糖を主徴とした疾患群」と定義され、1型糖尿病と2型糖尿病に分けられています。日本人では約5%が1型糖尿病で、残り95%近くが2型糖尿病です。

 

☆糖尿病の分類

〇1型糖尿病

 自己免疫異常は自分の身体の成分を敵と誤認して攻撃する疾患です。1型糖尿病は自己免疫異常の1つで、膵臓でインスリンを作るβ細胞を攻撃破壊したために、血糖値が上昇してもインスリンを殆ど分泌出来ません。子供の頃から発症することが多く、発病早期からインスリン注射を開始し、一生続ける必要があります。

〇2型糖尿病

 この型の糖尿病はインスリン分泌の低下とインスリン抵抗性の亢進によって生じます。インスリン分泌が少ない人が、食べ過ぎ・飲み過ぎや運動不足を続けていると発症してしまいます。食生活が欧米化し、動物性脂肪や乳製品を摂りすぎたり、間食や夜食を摂りすぎたりすることも肥満や糖尿病の誘因になります。血糖値が高い状態は血液の中にブドウ糖(グルコース)が溢れている状態で、そのブドウ糖が血管の内壁に沈殿をすることにより様々な血管合併症が進行して網膜症、腎症、神経障害などを起こします。命に関わるような心臓疾患や脳血管障害の予防には血糖値のコントロールの他に、血圧や脂質を含めた危険因子の管理が重要です。

 2型糖尿病は特に生活習慣の改善が必要で、食生活や運動習慣の改善によって発症を予防できる人も多くいます。食事療法の目的は、適正な食事で栄養素とそのバランスを適正にすることによって、体内の代謝を正常化させることです。運動療法の目的は筋肉を増やし、体脂肪を減らすことによって、インスリン感受性と基礎代謝を高めることにあります。1回に30~40分の有酸素運動を週に3回以上行うと良いでしょう。

 

☆治 療

〇内服薬

経口血糖降下薬

選択的DPP-4阻害薬(ジャヌビア、ネシーナ、エクア、グラクティブ、トラゼンタ、テネリア、スイニー、オングリザ)

食事の摂取により消化管からインクレチンが分泌されますが、体内ですぐに分解されてしまい血糖値のコントロールが出来なかったのですが、本剤が消化管ホルモンであるインクレチンを分解する酵素の働きを阻害することに成功したため、インスリン分泌を増やし、グルカゴン分泌を減少させることが出来るようになりました。インスリン分泌を増やすことで筋肉などへのグルコース取り込みを促進させ、肝臓ではグルコースの産生を抑制し、また、グルカゴンを低下させることにより肝臓でのグルコースの放出を抑制出来るようになりました。単独服用でも、多剤との併用でもヘモグロビンA1cを確実に1~2%下げる作用があります。この系統の薬剤の最大の特徴は低血糖を起こし難いこととされています。

スルフォニル尿素薬(アマリール、オイグルコン、グリミクロンなど)

膵臓β細胞に働きかけてインスリン分泌を増加させて血糖値を低下させます。アマリールはインスリン分泌刺激以外にインスリン抵抗性改善作用があります。

食後高血糖の是正(グルコバイ、ベイスンなど)

食事で摂取した炭水化物を消化酵素の働きで分解し、最終的には単糖類であるブドウ糖まで分解してから吸収します。ヒトの体はブドウ糖まで分解しないと吸収できないため、炭水化物がブドウ糖になるのを阻害して、糖の消化吸収を遅らせることで食後の過血糖を防止します。消化吸収されない炭水化物が大腸へ到達すると大腸菌などが利用して、炭酸ガス、水、エネルギーを生産するので、放屁が増えます。本剤を使用すると糖尿病予備軍である耐糖能異常の段階から糖尿病へ進展することを有意に抑制すると報告されています。本剤は食物の消化を抑制する薬剤ですから、食事の直前に服用しないと効果を発揮できないので注意が必要です。

インスリン抵抗性の是正(アクトスなど)

本来、抗体は身体を守るために産生されますが、これが自分の身体に対して反応してしまうものを自己抗体と呼び、インスリンを異物として排除しようとする抗体をインスリン抗体と呼びます。自分が分泌するインスリンに対してインスリン抗体を作ってしまうため、インスリンが作用しない人をインスリン抵抗性亢進者と言います。インスリンがあっても血糖を下げられないので、糖尿病が悪化してしまいます。治療薬として用いられているアクトスはインスリン抵抗性を改善する薬剤ですが、女性で浮腫を起こしやすいという副作用があるため注意が必要です。同じようにインスリン抵抗性を改善する作用をする薬剤にはビグアナイド系薬剤であるメルビン、スルフォニル尿素系薬剤のアマリールなどがあります。

〇インスリン療法

 理想的には速効型インスリンを朝・昼・夕食前に注射してインスリン分泌を補充し、就寝前に中間型インスリン注射をして夜間の基礎分泌を補充する4回注射が良いのですが、実際には作用時間が長いインスリンと速効性があり作用時間が短いインスリンが混合しているインスリンを朝・夕1日2回、または朝1回注射する方法が負担が少なくて済みます。最近開発されたペン型のインスリンは、インスリン量の計量が簡単であることと、使い捨ての細くて短い針を使うことで、使いやすくて痛みが少ないと喜ばれています。両側の腹部と大腿部に順番に注射します。
1日1回決まった時間に注射する持続型インスリン製剤が登場しました。24時間以上作用する持続溶解型のインスリン製剤です。24時間以上かけてゆっくり持続的に血中へと移行するため、従来の持続型よりもさらに平坦で安定した作用を示し、低血糖が発現するリスクが少ないインスリン製剤です(トレシーバ)。

☆低血糖対策

 糖尿病でない人の血糖値は各食前70-110mg/dlですが、低血糖を自覚しない例では、低血糖予防のため目標血糖値をやや高めにします。食事療法と運動療法が大切で、運動をする日はインスリン量を少し減らしたり、食事量を増やしたりします。
 食事が摂れない場合でも、基礎分泌量のインスリンを最低限注射する必要があります。食事量が少なかったり、激しい運動をしたりした後は低血糖を起こすことがありますが、そのような場合はブドウ糖、砂糖、清涼飲料水などを速やかに摂取して下さい。症状が治まったら何か食事をして、主治医に連絡して下さい。内服薬やインスリン量を減らす必要があるかも知れないからです。低血糖を繰り返していると、眼底出血などを引き起こすため好ましくありません。

 

☆糖尿病予防の食事

 日本糖尿病学会で編集している「食品交換表」(文光堂)が11年ぶりに改訂されて2013年11月に第7版が発行されました。最近、糖質制限だけに目を向けた糖質制限食のブームがありますが、糖質を制限すればするほど、三大栄養素のバランスが崩れてしまい、脂質代謝障害、高尿酸血症などを招き、動脈硬化が促進してしまうことになりかねません。そのようなことで栄養のバランスに重点を置いた改訂になっています。

表1から表6まで食品を分けてあり、同じ表内の同じ単位数の食品は自由に交換できるので、献立メニューのレパートリーを増やすことが出来ます。

 食事療法は無理なく続けられることが鉄則です。無理なダイエットをすると、身体の重要な組成分の蛋白質も脂肪と一緒に減少してしまいます。その後、ダイエットを止めて過食を続けるとリバウンドで、体脂肪が増えてしまいます。肥満対策は消費カロリーより摂取カロリーが少ない状態を続ければよいという計算です。

 エネルギーは制限しても最低1.0g/kgの蛋白質、十分なビタミン、ミネラルを含むことが必要で、空腹感を防ぐために食物繊維を十分に摂るようにします。

コーラ、ジュース、缶コーヒー、アクエリアス、ポカリスエットなどは糖分が多いので避けてください。間食、夜食を続けていると、不思議にその時間になると腹の虫が催促してきます。それを3日間だけ無視していると腹の虫も催促するのを忘れてしまいます。なるべく、食事は1日3回だけ規則正しく摂るようにしましょう。