皮膚科疾患

 皮膚に現れる症状ですが、原因は様々です。外界との接触によるもの、内臓疾患の症状として現れるもの、薬剤などの中毒症状などとして現れるものなど、種々の原因があります。

 

☆アトピー性皮膚炎

 アトピー性皮膚炎とは、アレルギー性疾患のうち皮膚の炎症を伴った湿疹で過敏症の一種です。原因となる物質には、ハウスダスト、ダニ・スギ・ブタクサなどの花粉、空中に浮遊している真菌、犬や猫のフケ、さらには昆虫の糞や住宅建材の処理剤といった化学薬品など、生活環境中の物質が多く認められます。特に乳幼児では牛乳、卵、大豆、そば、小麦粉などの食物がアレルゲン(抗原)となることも少なくありません。抗原に接すると身体の中の免疫システムが働いて武器(抗体)作って戦いをするのです。戦った結果としてアトピー性皮膚炎症状が悪くなってしまいます。乾燥して表面が白い粉を吹いたようになり、赤い湿疹、結節などができ、激しい痒みを伴い、慢性になってくると、鳥肌のようにザラザラしたものができ、皮膚が次第に厚くなってきます。

 治療は抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、免疫抑制薬などを外用薬として用いることがあります。体質改善薬を使わないで副腎皮質ホルモン薬だけを使用していると、塗布した時は皮膚炎が消失して、安心していると前にもまして強い症状になることが多いので注意が必要です。

 

☆接触皮膚炎

 有害な刺激物に触れて起こる接触性皮膚炎は、原因物質の毒性の強さによって症状の強さや程度が違います。

 一方、アレルギー性の接触皮膚炎は、最初に原因物質に触れた時には皮膚の炎症細胞が反応を起こしますが症状は出ません。しかし次に、同じ原因物質に接触すると、皮膚の炎症細胞がアレルギー物質と戦おうとして湿疹が起きてしまいます。この場合、その物質にアレルギーがある人だけが症状を起こします。歯科金属アレルギーの場合、詰め物により慢性的な口内炎を起こすことがあり、重症例では潰瘍を伴うこともあります。

 原因物21質に触れないことが第一で、ステロイド外用剤を湿疹の部分に塗布します。

 

☆蕁麻疹(じんましん)

 急性皮膚疾患の一つです。皮膚の灼熱感・かゆみを伴う盛り上がった発疹が生じます。数分〜数時間で消退しますが、発作的に反復して発疹が起こります。食物による蕁麻疹は原因となる食物を摂取してから30分以内に起こるのが通常です。サバなどの生魚が多く、傷んでくると醗酵してヒスタミン性の物質を作るためとされています。また、その食物そのものに対してアレルギー反応がなくても、消化途中で分解されて出来た物質に対してアレルギー反応を起こす場合も多くみられます。

 

☆コリン性蕁麻疹

 汗をかくたびに起きる湿疹で、ストレスや不安や興奮など、原因はいろいろあります。周囲に紅斑を伴う盛り上がる湿疹で、痒いというより痛痒いと言う人が多いようです。原因は発汗刺激のため中脳の発熱中枢が刺激され、コリン性神経(副交感神経)を介して皮膚の神経末端でアセチルコリンが分泌され膨疹が生じるという説もあります。また、心因性蕁麻疹といってストレスが原因によるものがありますが、その場合も、原因の多くはアセチルコリンが関与していることが分かってきました。

 急性期には抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬を使用するのが一般的です。外用薬は、抗ヒスタミンの軟膏や、ステロイド外用薬が使用されます。発疹が強い場合、強力ネオミノファーゲンシーの静脈注射が有効なことがあります。

 

☆皮脂欠乏性湿疹・老人性皮膚搔痒症(ろうじんせいひふそうようしょう)

 脛や背中に多く現れ、かゆみを伴い、乾燥の強い冬に悪化します。風呂で石鹸やナイロンタオルでごしごし擦ると悪化することがあるので石鹸をよく泡立てて木綿のタオルで優しく撫でるようにしましょう。日常生活では室内の湿度を上げる工夫をしたり、ポリエステルなどの化学線維を避けて木綿、絹などの下着にしたりしましょう。
 外用剤としてステロイド、保湿剤が使われますが、その他、補助的に抗アレルギー薬の内服をします。

 

☆尋常性座瘡(にきび)

 尋常性座瘡は、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすことでできます。従って、皮脂が多く分泌される部位にできやすく、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まります。化粧品の使用は毛穴を詰まらせ、にきびを悪化させる場合があります。思春期に発生するものはテストステロン(男性ホルモン)の分泌に対する反応であることが多く、ほとんどの人では、その反応は時間が経つにつれて減少します。

 一般的なにきび予防法は、にきびができた部位を、日に1~2回低刺激性のせっけんで洗って、毛穴が塞がらないようにすることと、細菌が付かないために顔を指で触る習慣を止めることです。

 

☆尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

 通常、頭のフケ、かさぶたの症状で始まります。この時点では、脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎と区別ができない場合があります。何年か経つと四肢、背部などに広がってきますが、強い発疹のわりには、他の皮膚疾患に比べて痒みが少ないようです。乾癬の病巣部では皮膚の表皮を作るスピードがとても早いために、表皮が硬くなって、白いかさぶた状になって落ちてきます。遺伝的な要素、ストレス、食事、気候風土などが関係あるといわれていますが、近年、食生活の変化、特に動物性脂質を取ることが多くなるにつれて、この病気が増えています。

 治療は一般的には、ステロイド外用薬、ビタミンD3誘導体外用薬などが有効で、皮膚の乾燥を防止するため、保湿剤も併用されます。ソラレンという薬を内服させて紫外線に対する感受性を高めた後に紫外線を当てる光線療法も行われています。

 

☆掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

 手掌・足底に無菌性の膿疱が反復して出現する、慢性の難治性の疾患で、手掌・足底に多数の膿疱が両側に急に出現します。膿疱は無菌性ですが、慢性扁桃炎、齲(う)歯、歯肉炎などの感染症がある場合や、歯科用金属やアクセサリーなどによる金属アレルギーが原因のこともあります。

 ステロイド外用薬やビタミンD3外用薬を使用します。 内服治療としてミノサイクリンやマクロライド系抗生物質を使うこともあります。扁桃摘出術が有効な症例もみられます。

 

☆帯状疱疹(たいじょうほうしん)

 一度水痘(水疱瘡)に感染すると、治った後にも水痘のウイルスが神経節中に潜伏している状態が続くことがあります。過労、ストレス、風邪、睡眠不足などで免疫力が低下すると、ウイルスが再度増殖することがあり、この増殖によって帯状疱疹になります。年齢が若いから軽症ですむとはかぎらず、免疫力の低下度によって重症度が決まります。ウイルスが潜在していた神経の走行に一致して帯状に赤い発疹と小水疱が出現しますが、必ず身体の左右半身だけに限って症状がでます。強い神経痛様疼痛を伴う事が多く、1週間くらい前から疱疹が出来る神経の走行部に一致して違和感やぴりぴりした痛みを前兆として感じることもあります。睡眠、休養、栄養のバランスを戻すのが第一で、早いうちにウイルスの増殖を抑える薬を服用すると症状が軽くて済みますが、神経痛が残る場合もあります。これを機に、健康状態のチェックを受けるのも良いと思います。

 

☆口唇ヘルペス(こうしんへるぺす)

 単純ヘルペスウイルスが原因です。直射日光に当たること、風邪、ストレスなどが誘因で、体力が低下した時にウイルスが増殖して症状を繰り返します。

 口の周囲に水ぶくれや発疹が出現し、それに違和感やぴりぴりした潰瘍ができ痛みを感じることもあります。

 抗ウイルス薬の内服薬や外用薬を用います。

 

☆白癬(はくせん)症(水虫)

 皮膚糸状菌によって生じる皮膚感染症の一つです。原因は真菌による感染症です。皮膚の表面をこすって落屑を顕微鏡で見る皮膚真菌検査で確認します。

 白癬菌を殺す働きのある外用性の抗菌薬を使用するのが一般的ですが、爪の白癬や広範囲の真菌感染症の場合は内服薬を使用しなければなりません。爪白癬症は抗真菌薬を定期的に服用しますが、正常な爪が生えて来て徐々に病巣を追い出して治療が成功します。内服薬を半年以上連用していると、肝機能障害が起こりやすいので2週間服用し、2週間休薬をするという投与法を繰り返すと肝機能障害の予防になります。

 

☆カンジダ症

 カンジダは酵母です。元来はヒトの体表や食道、女性の膣粘膜に生息するもので、多くの場合は特に症状が起こりませんが、体調が悪いとき、抗生物質服用後などに症状が出る場合もあります。抗カンジダの薬を外用したり、服用したりします。

 

☆疥癬(かいせん)

 ヒゼンダニの寄生による皮膚感染症です。メスのダニは皮膚の角質層の内部深くまで疥癬トンネルと呼ばれるトンネルを掘って寄生します。疥癬トンネル内で約2ヶ月間の間、1日あたり0.5-5mmの速度でトンネルを掘り進めながら、1日に2-3個、総数にして120個以上の卵を産み落とします。幼虫は約14日で成虫になります。皮膚には皮疹が見られ、自覚症状としては強い皮膚のかゆみが生じ、皮疹には腹部や腕、脚部に散発する赤い小さな丘疹、手足の末梢部に多い疥癬トンネルに沿った線状の皮疹が見られることもあります。

 疥癬の治療にはヒゼンダニを殺すことを目的としたストロメクトールなどの殺ダニ薬とかゆみを抑える抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の併用をします。

 

☆悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)

 皮膚、眼窩内組織、口腔粘膜などに発生するメラニンを作る細胞の悪性腫瘍です。正確な発生原因は不明ですが、転移が早いので、黒子(ほくろ)などが気になるようになったら早いうちに皮膚科を受診して下さい。
手術は全摘が原則で、転移が早いため化学療法、放射線療法などを併用します。