耳鼻咽喉科疾患

 耳や咽喉の構造の他に、耳、鼻、咽喉などの病気の説明をしてあります。

 

☆耳

 耳は音を聞く感覚器であると同時に重力の向きや加速度を感じる感覚器で、聴覚、平衡覚、回転覚などを感知しています。外耳は耳介(耳たぶ)と外耳道を合わせた部分を言います。中耳は中耳腔、3つの耳小骨[槌骨(つちこつ)、砧骨(きぬたこつ)、鐙骨(あぶみこつ)]、耳管などがあり、鼓膜から内耳への空気の振動(音など)を伝える働きをしています。内耳は蝸牛(かぎゅう)、前庭、三半規管などがあり、前庭系感覚器とも呼ばれています。蝸牛は聴覚を司る感覚器官で、蝸牛管の内部はリンパ液で満たされていて、鼓膜を介した耳小骨からの振動がこのリンパを通じて蝸牛管内部の基底膜に伝わり、基底膜にある有毛細胞(聴覚の知覚神経)の働きで最終的に蝸牛神経を通じて大脳が音を認知します。前庭には卵形嚢と球形嚢内に小さな石が多数ある耳石器という器官があります。エレベーターなどで上下したり、頭の位置をかえたりしたときにその石の位置がずれることで重力、遠心力、直線加速度、頭の位置などを感じとります。三半規管は半円形をしたチューブ状の3つの半規管で、頭の回転運動などの平衡感覚(回転加速度)を感知します。からだを何回もぐるぐる回したときにめまいがするのは、三半規管が刺激されたためです。

 

〇難聴

 難聴とは、聴力が低下した状態のことで、加齢、薬物中毒、騒音などが原因で起こります。伝音性難聴・感音性難聴・混合性難聴の3つに分類されます。伝音性難聴とは、外耳または中耳の障害による難聴で、鼓膜から内耳の蝸牛管にある有毛細胞へ充分な音を伝えられない状態ですが、内耳から中枢神経側には障害がないため、空気中を伝わってきた音(気導聴力)は聞こえ難いのですが、骨を通して直接内耳に伝わる音(骨導聴力)は聞こえます。感音性難聴とは、蝸牛管内の有毛細胞から大脳までの間の障害で、脳へ信号を送る聴神経、中枢聴覚路など、様々な場所の障害で起こります。この場合は中枢神経側に問題があるため、結果として気導聴力、骨導聴力も共に低下します。

〇突発性難聴

 突然に内耳性の感音性難聴が発症する疾患で、発症は突発的です。ある程度の時間をかけて徐々に難聴になるのは突発性難聴ではありません。耳鳴りや耳閉感を伴うことが多く、半数の人は発症の瞬間には強いめまいを伴います。内耳などに障害が生じる感音性難聴の一種で、ウイルス感染症ではないかという説もありますが原因は不明です。早期に入院してステロイド薬多量療法(パルス療法)による治療と安静療法をします。一般的には発症から1週間以内に治療すれば治療成績は比較的良好ですが、それ以降は治療成績が落ち、2週間を過ぎると治癒する確率が大幅に低下してしまいます。

〇耳鳴り

 難聴とともに出現することが多く、蝸牛管内の外有毛細胞の障害が原因であろうと想定されていますが、脂質異常症に伴う脳動脈硬化症も誘因の一つと考えられます。慢性の耳鳴は、しばしば強烈なストレスを伴いますが、脳腫瘍などの場合を除き、生命予後に関わる疾患は殆どありません。

〇めまい

 めまいは、中枢性めまいか末梢性めまいかに分けます。この場合の中枢は脳幹、小脳であり、末梢は前庭、内耳などを言います。中枢性めまいは、脳幹や小脳の梗塞などが原因のことが多いようです。末梢性めまいのうち、前庭性めまいは良性発作性頭位眩暈症や前庭神経炎などが原因で、耳鳴り、めまいは起こりません。内耳性めまいはメニエール病や突発性難聴などで耳鳴り、難聴を伴います。中枢性めまいは体位、頭位で症状が変化しないのが普通ですが、椎骨脳底動脈循環不全では頸の向きを変えた時に椎骨動脈や脳底動脈の血流が低下すると回転性めまいが起こってしまいます。この疾患は動脈硬化、低血圧、脂質異常症の3拍子が揃うと症状が起こりやすくなりますから、発作が起きてしまった場合は血液がギトギトしてしまう脂ものを控え、水分を多く摂取して静かにしています。

☆鼻

〇副鼻腔炎

 副鼻腔炎は蓄膿症とも言われていますが、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)という4種類の副鼻腔のどこにでも起こります。副鼻腔の開口部が炎症分泌物などで閉塞した後によく発症します。細菌が副鼻腔で繁殖し、急性の炎症を起こし、結果として副鼻腔内に膿が溜まってしまいます。かぜに引き続いて細菌が感染して発症することが多く、抵抗力が低下している時に発症しやすくなります。症状は痛みと鼻汁で、風邪症状に続いて膿性の悪臭を伴う鼻汁がみられ、慢性化すると頭痛や頭重感を伴い、注意力が落ちてしまいます。急性副鼻腔炎の治療は、抗生物質で治療をしますが、慢性の場合には手術も考慮します。

☆咽頭

 咽頭は上咽頭、中咽頭、下咽頭の3つの部分に分けられます。上咽頭は小児の場合アデノイドが増大して耳管口を圧迫したために閉塞して難聴になったり、風邪などで上咽頭炎が進行して耳管や中耳に炎症が及んで中耳炎になったりします。中咽頭は口を開けると見える場所で、風邪などの炎症で咽頭炎や扁桃炎を起こします。嗽(うがい)をするときに、2~3回嗽をした後に、水を2~3口飲み込むと、中咽頭の汚れや細菌を洗い流すことが出来ます。嗽だけでは口蓋垂より前方しかきれいにならないのですが、飲み込むことで中咽頭もきれいになり、汚れや細菌は胃酸が処理します。最下部の下咽頭は喉頭の後方から両側方にかけて存在する腔で、ここから気道より分かれた消化管となります。この場所は下咽頭痛のほか、嚥下障害を起こしたり、魚骨などの異物が引っ掛かったりしやすい場所でもあります。

 

〇細菌性咽頭炎

 小児の細菌性咽頭炎はA群β溶血連鎖球菌による感染症が多く、完全に治療をしないと糸球体腎炎、Ig A腎症、急性リウマチ熱などの合併症が起こってしまうことがあります。また、リウマチ熱は腎炎の他に、成人後に心臓弁膜症を起こし、心房細動や塞栓症などの誘因になりますが、最近は抗生物質が頻用されるようになってから急性リウマチ熱が激減しています。

〇味覚障害

 何を食べても味がしない、味が薄く感じる、いつもとは違う味がしてしまうなどの症状です。味を感じるセンサーは、舌の表面や上顎の奥に約7,000個分布されている味蕾です。味の成分は味蕾の中の味孔から味細胞に入り、味覚神経を経由して脳に伝わりますが、この経路に異常が生じると味覚障害が発症します。味覚障害の原因は亜鉛不足、神経系疾患、薬の副作用、心因性などがあります。亜鉛の不足で味細胞の代謝異常が起こると考えられていますが、亜鉛を多く含む食品は牡蠣、蛤、たたみいわし、鰻、ほたて貝などの海産物の他に、牛肉、豚肉、鶏などですから、偏食をしないでまんべんなく食べる習慣を身につけて下さい。

〇声帯

 声帯は喉仏を作っている甲状軟骨の奥にあり、開閉する作用がある1対の襞の隙間に肺から排出される空気を通過させ振動を引き起こすことで声を出します。男性の会話では声帯が毎秒100回、女性では毎秒250回程度振動し、この振動が副鼻腔で共鳴して増強しますが、副鼻腔の大きさや形などで一人ひとり違った声になります。

〇声帯ポリープ

 声帯への過度の物理的刺激(大声を張り上げ続ける、歌い続けるなど)により、声帯上皮が過剰に増生してポリープになります。診断のために耳鼻科で経鼻的内視鏡検査を受けます。声帯への負荷を避けることにより自然に治ってしまうこともありますが、外科的切除が必要な場合もあります。