黄疸は肝臓で作られるビリルビンと言う黄色い色素が血液中に増加して現れる症状で、最初は眼球の白目の部分が黄色くなり、そのうちに皮膚が黄色になります。全身がだるい、痒い、食欲が無い、眠れない等の症状が出るようになります。原因としてはウイルス性肝炎、アルコール性肝炎、肝硬変、肝臓がんなどのように肝臓の細胞が壊れて起きる病気、胆石、胆のう炎、胆管がん、膵臓がんなどのように胆汁が胆管から十二指腸へ流れにくくなる病気の他に、溶血性貧血など赤血球が壊れて起きる病気もあり、それぞれの病気によって治療法も治り方も違います。黄疸にならないようにするには規則正しい食生活を続け、過度の飲酒を避けることなどが必要条件でしょう。

 

 胆管がん、胆のうがん、膵臓がんなどで急速に胆管が閉塞する場合は緊急処置が必要になりますから、消化器専門病院を受診する必要があります。