下血は食道・胃・十二指腸などの上部消化管だけでなく、小腸や大腸などの下部消化管も含めた全領域の消化管のいずれかからでも出血した場合に認められ、血液が肛門から排出されることをいいます。胃からの出血の場合は胃酸によって血液がコールタール様の真黒色に変化するため、下血をタール便ともいいます。しかし、出血量や出血する場所によって血液の性状が変化し、肛門に近い直腸やS状結腸からの出血では、新鮮血になったり、便の周囲に鮮血が付着したりすることがあります。痔からの出血は鮮血です。これらは血便と言い、血便は鮮血便と炎症による粘液を混じた粘血便に分けられます。

 

 下血の原因となる病気は主に胃潰瘍などの上部消化管疾患、大腸ポリープ、大腸がん、大腸憩室、虚血性腸炎、薬剤性腸炎、感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、痔核などです。これらの病気は吐血や下血が主な症状で、貧血によるふらつきや息切れなども起こりますが、大量出血時にはショックを起こしたり、重篤になったりすることもあります。症状は出血源、出血速度や併存疾患の有無により変わります。少量ずつ時間をかけて出血しているときは慢性の貧血が続きますが自覚症状が少ないことが多いようです。

 

 大量下血で一般状態が悪い場合は、点滴や輸血で体力回復を図り、出血の原因を調べ、それぞれの疾患にあった治療を行います。

 

 なるべく早くに消化器内科を受診し、大腸鏡検査などを受けて下さい。